健康はありがたい❗
2020.07.02 13:32 更新


みなさん、こんにちは😃✋

衛生士の芦澤です‼️
私事で恐縮しますが・・・

コロナウィルスの真っ只中、
間が悪く、病気をしてしまい(コロナじゃないですよ)
10日間の入院で手術もしてきました❗

元気だけが取り柄だったのに
年齢には勝てませんね(>_<)

コロナのことがあったんで
手術前は神経も使いましたし
入院中は家族の面会もダメですし
同室の患者同士でも対面の会話はダメなんです

なかなかの孤独な入院生活でした(^^;

手術から1ヶ月経ちましたので
そろそろ仕事にも復帰しようかと思います❗

病気をすると健康のありがたさを身に染みて感じますし
毎日の食生活や生活習慣の大事さを、すごく感じました‼️


適度な運動と、日光浴
食事は、なんでもバランスよく
腹八分目でいただきたいと思います(^-^)/
(これが大事!)

そのためにも
なんでも噛めるように歯を大事にしましょう⤴️
丁寧な歯磨きを心がけましょうね\(^^)/

新型コロナウイルス感染症の今後
2020.05.01 16:10 更新
みなさんは新型コロナウイルス感染症が早く収束して欲しいと思っているでしょう。
しかし少し考えれば現実は非常に厳しいことがわかるでしょう。

それでは今後のシナリオについて考えてみましょう。
考えられるシナリオは三通りあると思います。

1. みんなで協力して行動抑制して中国のように収束させる(ウイルス抹消)

今の行動抑制を8割抑えなければ感染が収束に向かわないと言われています。
しかし今の日本の場合は法律上、強制が出来ないことになっていますし、日本のやり方は経済を動かしながら医療崩壊を防ぎながら収束を目指すという方法を考えていますので、PCRテストをあまりやらないのは、重傷者をピックアップするのが目的で、1のシナリオを程よくやりながら3のワクチンを待つ戦略のようです。

2. どんどん感染が広がって6~7割の人が免疫を持って収束する

100年前ならともかく、現在ではあまりにも犠牲が多く現実的ではありません。
もし死亡率がに2パーセントとして日本の人口1億2千万人の7割が感染すると168万人の犠牲者が出てしまいます。クラスター対策委員で北大の西浦先生の試算ですと死亡率が0.5%で算出されていまので、不顕性感染を入れると42万人の死者が出ることになります。
スウェーデンがこの方法を実行していて、集団免疫獲得を目指しているようです。ニューヨークで抗体検査を実施したところ、市内では21%抗体を持っているようなので感染速度を落とせば秋位までには集団免疫が獲得されると思われます。

3. ワクチンが開発されて多くの人々に投与されて収束する 

ワクチンが開発されて投与されるまで最低2年はかかると云われています。中国で騒がれだしてまだ三か月も経っていないのに世界中に蔓延していますので、あと1年半は待てないでしょう。またコロナウイルスはRNAウイルスのため変異しやすく開発が困難と云われています。まともなワクチンが開発される保証はありません。

結論

以上三つのシナリオで一番現実的なのは先進国では80%行動抑制して時間稼ぎをして3番目のワクチンを待つということです(シナリオ1+シナリオ3)÷2です。
アフリカ等の発展途上国は2のシナリオになる可能性が大で、ワクチンは間に合わないでしょう。その代わり多くの犠牲者が出る反面、秋までには収束するでしょう。
このままいくと世界的に収束するには2~3年はかかると思います。
夏になると一旦収まってまた寒くなる頃に再燃してきます。
1年延期ではオリンピック開催は難しいでしょう。

(4月30日17:52 氷川台上空を通過するJAL機 開催されない東京オリンピックのロゴが切ない)


この感染症が終息した後、世界の秩序や経済、更には文明すら変わっているかもしれません。

コロナウイルス感染予防で大切なこと
2020.04.13 12:01 更新
マスコミではあまり言われていない大切な感染予防がありますのでお伝えします。

コロナウイルス感染には飛沫感染と接触感染がありますが接触感染の方が多いと思われます。
しかし三蜜ばかり騒がれていますが、実際は接触感染の方にも意識を向けた方が良いと思われます。コロナウイルスは粘膜(口、鼻、眼)からしか感染しません。

なので大切なのは顔に触る機会を極力減らすことが大切です。
日頃から意識して鼻をこすったり口を触ったりしない習慣を身に着けることが一番大切です。

もう一つ大切なのは、おやつ(スナック菓子や柿ピー等)を手で食べる時はよく手を洗うこと、もしくはなるべく手で触れなくても食べられる物に切り替える方がよいでしょう。
うかつなつまみ食いは非常に危険です。
夜のバーやスナックでの危険性はここにあると思われます。

この二つは是非とも忘れないでください。










- 追 記 -


その他、きをつけること

宅配時や郵便物のサインや銀行等のサインのために絶えず自前のペンは用意する。
トイレは自宅のみ使用、なので外出時は済ませてから行く。
ドアノブ等は触れない。触れなければ入れないときは、誰かが入る時に一緒に入るか直ぐに手を洗う。洗えない時のためにアルコール持参。
帰宅時に宅配物や買い物時の商品の袋は次亜塩素酸をスプレーする。
上着は玄関までで室内に持ち込まない。
当然、手洗いはこまめにする。

- CafeNote -